死亡保険金請求

山地
弁護士の山地です。

昨日,とある生命保険会社相手に死亡保険金の支払いに向けて交渉をしていた案件で
全額支払いを受け,事件を終えることができました。

事案はこんな感じです。
私の依頼者は,家庭裁判所で,昨年亡くなったAさんの特別縁故者として認められ,
Aさんの遺産から,死亡保険金の請求権を財産分与されました。
本来,死亡保険金は受取人に支払われるべきものですが,
Aさんの場合,受取人はAさんより先に亡くなっていました。

その後,家庭裁判所の審判に基づいて,保険会社に死亡保険金の請求をしたところ
保険会社は,支払いに難色を示したのです。
保険会社の理屈は,特別縁故者に死亡保険金請求権を財産分与する審判が確定したとしても,
それにより,保険会社が特別縁故者に対して保険金の支払い義務を負うわけではない,というものです。

死亡保険金は,そもそも遺産に含まれるのかという点に問題はありますが,
今回と同様,被保険者(亡くなった人)に相続人がなく,かつ,受取人に指定された人が
既に死亡していたようなケースで,
被保険者の相続財産管理人からの請求により,死亡保険金を相続財産として
支払いに応じている保険会社もあります。
しかし,今回の保険会社は,相続財産管理人からの死亡保険金支払い請求にも応じていなかったのです。
要するに,ここで泣き寝入りすると,保険会社は,誰にも死亡保険金を支払わなくてもいいという結論になるのです。
この結論は,やっぱり違和感がありますよね??

「納得できない」という気持ちを持ちながら,数か月にわたり,やり取りを続けた結果
保険会社は,最終的に全額支払いに応じてきました。

保険金の不払いは,全国的にも問題となっているケースがいろいろあるようです。
「保険金を支払わない」と言われても,諦めずに交渉・訴訟をすると
支払いに応じてくれるかもしれませんので,
簡単に諦めないでください。
プロフィール

あかり総合法律事務所

Author:あかり総合法律事務所

香川県高松市のことでん瓦町駅の近くにある法律事務所です。
法律に関することでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。困難な問題にはチームで対応します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR