FC2ブログ

離婚に関する講演

阿部晶子 
弁護士の阿部です。

先日、高松市男女共同参画センターで「離婚という選択‐知っておきたい法的問題‐」という演題で講演してきました。
6月23~29日まで男女共同参画週間ということで、その企画のうちのひとつでした。

離婚は、本当にそれぞれの事情があり、一般論では語れない部分も多いのですが、やはり最低限知っておいていただきたいとことはお話しさせてもらったつもりです。
ご清聴くださった方、ありがとうございました m(_ _)m
さらに個別にご相談をご希望される方は、事務所に直接ご連絡いただければと思います。
 
男女共同参画にちなみ、香川県弁護士会の男女比を紹介させていただきますと、現在会員数は160名ほどで、うち女性は19名です。
少ないと思われるかもしれませんが、私が香川県で弁護士登録した平成14年時は、女性は私ひとりでしたので、そのころに比べれば激増です(*^_^*)
 
男女共同参画センターさんからいただいたワーク・ライフ・バランスの重要性を啓発するクリアファイルを見ながら、これが本当に難しいんだなーと、私自身も日々実感するところです。
バランスをとるのは、男女ともに、家庭内でのシェアもうまくいってないと無理ですし、社会における制度・理解もないとホント難しいです。。。

離婚事件においては、特に依頼者の方のそれぞれの悩みに寄り添いながら、依頼者の方が問題解決に至るまで、しっかりサポートしていきたいと思っています。 

付添人とは

松井創
弁護士の松井です。

平成26年6月18日から,国選付添人の対象事件が拡大されました。
そこで,今日は,聞き慣れない「付添人」(つきそいにん)という言葉について,ご説明させていただきます。

ごくごく簡単に言うと,刑事事件における弁護人のことを少年事件では「付添人」と呼びます。
なぜ呼び名が違うのかですが,少年事件は,成人の刑事事件と異なり,まず家庭裁判所が事件を取り扱います。そして,家庭裁判所は、少年を処罰するところではなく,少年の更生を図るために何が必要なのかを判断するところですので,国家権力から国民を守るという意味での「弁護」という概念は前面にはでてこないのです。

では,少年事件において「付添人」はどのような役割を果たすのでしょうか。

まず,少年がとりわけ事実関係を争っているような場合には,裁判所が事実認定を誤ることがないように主張や立証をしていきます。
この場合には,刑事事件における弁護人の役割と大きな違いはありません。

事実関係に争いのない事件では,少年の立ち直りにとって適切な方向を少年や保護者,そして家庭裁判所と一緒に考えていきます。
少年の中には,自分の思いや考えを周りに伝えるのが苦手な人もいます。そんなときは,「付添人」は少年との会話を重ね,少年の思いを周りに伝え,少年のことを十分に理解してもらったうえで,その少年にとって真に適切な処分となるように活動していきます。また,家族や学校・勤務先との関係に問題があるケースでは,付添人が少年の生活環境の調整を行うこともあります。

今回,少年事件における国選付添人が選任される対象事件の範囲が大幅に拡大されたのは,これまでの弁護士による付添人活動の結果,その有用性が評価されたものと自負しています。今後も,皆様の期待に沿うことができるよう研鑽を積んでいく所存です。

相続手続未了の土地に関する所有権登記名義の変更について

山地
弁護士の山地です。

先日,関連する2件の民事裁判で勝訴したので,それに関するブログです。

事務所での法律相談で,相続に関するご相談は,一定数を占めますが,その中でも,相続手続が未了の土地に関するご相談があります。

農地等で多いのですが,「同居している父の土地と思っていたが,どうやら相続手続を行われてなかったため,登記名義が祖父や曽祖父の名義になったままである。土地を利用しているのは父なので,父名義にしたい。」といったご相談です。

このような土地は,相続が複数回発生しており,法律上,数十人の共有状態になっている場合が多いのです。
この状態で放置すると,将来,土地所有権を巡って争いが生じる可能性があります。
家を継ぐ子や孫のことを思うと,解決しておきたいですよね。

まずは,法律上,所有権が誰にあるのか(誰の共有状態にあるのか),調査する必要があります。
その上で,登記名義を移転する方法を考えることになります。

登記名義を移転する方法は,ケースバイケースですが,
冒頭に記載した2件では,共有状態にある方の全員を被告として,民事訴訟を提起するという方法を採用した裁判の判決です。

ご依頼いただいてから,どのぐらいの期間で登記名義を移転できるかについても事案によりますが,通常は,半年から1年ほどで実現できていようかと思います。

今回ご紹介したような案件は,代々受け継いでいる土地(特に農地や墓地)で比較的多い問題です。
固定資産税の納税通知書が来ているからといって,所有権があるわけではありません。
「当然,父の名義になっているだろう。」と思い込んでいる土地があったら,一度,法務局で登記名義を確認してみることをお勧めします。 

死亡保険金請求

山地
弁護士の山地です。

昨日,とある生命保険会社相手に死亡保険金の支払いに向けて交渉をしていた案件で
全額支払いを受け,事件を終えることができました。

事案はこんな感じです。
私の依頼者は,家庭裁判所で,昨年亡くなったAさんの特別縁故者として認められ,
Aさんの遺産から,死亡保険金の請求権を財産分与されました。
本来,死亡保険金は受取人に支払われるべきものですが,
Aさんの場合,受取人はAさんより先に亡くなっていました。

その後,家庭裁判所の審判に基づいて,保険会社に死亡保険金の請求をしたところ
保険会社は,支払いに難色を示したのです。
保険会社の理屈は,特別縁故者に死亡保険金請求権を財産分与する審判が確定したとしても,
それにより,保険会社が特別縁故者に対して保険金の支払い義務を負うわけではない,というものです。

死亡保険金は,そもそも遺産に含まれるのかという点に問題はありますが,
今回と同様,被保険者(亡くなった人)に相続人がなく,かつ,受取人に指定された人が
既に死亡していたようなケースで,
被保険者の相続財産管理人からの請求により,死亡保険金を相続財産として
支払いに応じている保険会社もあります。
しかし,今回の保険会社は,相続財産管理人からの死亡保険金支払い請求にも応じていなかったのです。
要するに,ここで泣き寝入りすると,保険会社は,誰にも死亡保険金を支払わなくてもいいという結論になるのです。
この結論は,やっぱり違和感がありますよね??

「納得できない」という気持ちを持ちながら,数か月にわたり,やり取りを続けた結果
保険会社は,最終的に全額支払いに応じてきました。

保険金の不払いは,全国的にも問題となっているケースがいろいろあるようです。
「保険金を支払わない」と言われても,諦めずに交渉・訴訟をすると
支払いに応じてくれるかもしれませんので,
簡単に諦めないでください。

不動産をめぐるトラブルについての講演

山地
弁護士の山地です。

5月26日(月)に,サンポートホール高松6階で,不動産をめぐるトラブルについて講演をさせていただきました。
香川県をはじめ中四国でご活躍されている不動産業に携わっておられる方々を対象としたものです。

私は,土地売買で問題となることの多い境界をめぐるトラブルについて,売買を仲介した業者が責任を問われた事案を用いてお話をしました。
また,松井弁護士は,建物の強制退去について,説明をしました。

不動産の瑕疵(建築物の欠陥・購入した土地に法律上の制限があった等),建物収去・土地明渡,未払い賃料の請求,移転登記手続請求,境界問題といった不動産に関するご相談は,比較的多いと思います。

不動産をめぐるトラブルは,事後的に解決しようとすると長期化することがあります。

といいますのも,例えば不動産売買をめぐるトラブルですと,売買代金が多額なため,売主・買主双方が,和解に向けて歩み寄ろうとしないことがありますし,賃貸不動産の明渡請求ですと,賃借人にとっては,当該不動産が生活の本拠地ということもあり判決が出ても,なかなか退去しないということもあります。

境界問題ですと,隣人同士が互いに悪感情を持っていることが原因で解決を遅らせていることもあります。

ですので,そもそもトラブルに巻き込まれないようにすることが非常に大切といえます。

契約締結前の段階であっても,トラブル予防に向けたアドバイスが可能です。
不動産の売買や賃貸等でお困りのことがございましたら早めにご相談下さい。

サンポート_1

サンポート_2

サンポート_3
2014.5.26 サンポートホール高松
プロフィール

あかり総合法律事務所

Author:あかり総合法律事務所

香川県高松市のことでん瓦町駅の近くにある法律事務所です。
法律に関することでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。困難な問題にはチームで対応します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR